コーチは、どのSNSで発信したらいい?

コーチングを仕事にしたい場合、どのSNSを使えば集客につながりますか?

今回は、このお悩みにお答えします。

結論を先にお伝えすると、コーチが使うべきSNSの正解は、ありません。

満足できる売上を上げているコーチが全員同じSNSを使っている訳ではないからです。

得意や強みも違うからこそ、自分に合ったSNSを選ぶことが大切です。

この記事では、選び方のポイントを丁寧にお話していきますね。

かおり

選び方の基準がないと、周りのコーチが使っているSNSが正解に見えて迷いますよね…。

SNSを知る

SNSを選ぶときは、「なんとなく」選んでしまうと、継続できなくなってしまいがちです。

まずは、SNSを知ることから始めましょう。

フロー型とストック型

SNSには、大きく分けてフロー型とストック型があります。

フロー型とは、コンテンツをフロー(流す)ことができるもの。

タイムラインで「今」を発信することができるので、見ている方とコミュニケーションを楽しむことにも向いています。

ストック型とは、コンテンツをストック(蓄積)できるもの。

ストック型は、過去の投稿も検索できるので、資産にもなります。このブログも、いつ読んでも役に立つように意識しています。

どちらも欠かせない役割なので、最初はフロー型とストック型から1つずつ選んで始めてみてください。

確かに、Facebookばかりしていても、投稿はタイムラインに流れてしまいますよね。ストックできるものが必要だなぁ!

かおり

反対に、ブログだけ書いていても、フロー型SNSでシェアしないと、いきなり読まれることは、ほぼゼロに近いです。掛け合わせることが大切です♩

選び方の基準

理想のお客様が使っているもの

あなたのコーチングを届けたい理想のお客様は、どのSNSを使っている方が多いですか?

例えば、30代主婦なら、Instagramを活用している方が多いですし、40代後半ならFacebookかもしれません。

男性にセッションをしていきたい場合は、Instagramでは見つかりにくい可能性も大きくなりますよね。

理想のお客様の性別、年代、属性などからも考えてみましょう。

自分がユーザーとして使っているもの

あなたは、普段どのSNSを使うことが多いですか?

例えば、外食するときにはInstagramでカフェを探したり、スキマ時間にYoutubeをよく見る方もいらっしゃるかもしれません。

自分がユーザーとして使っているSNSだと発信していく場合も、ユーザーの気持ちを理解できるので、投稿のアイデアも考えやすくなります。

反対に、アカウントすら持っていないSNSだと、発信するイメージすら浮かばないことが多いはず。

まずは発信する以前に自分がユーザーとして楽しむことからスタートしてみましょう。

私は、一番使っているのは、Instagramかな?何が好きでInstagramを見ているのか、ユーザー視点で深堀りしてみます!

やりたいと思うもの

ビジネスで発信をしていく場合に、「仕事だから」というマインドでは、どうしてもノルマのように考えてしまいがちです。だからこそ、声を大にしてお伝えしたいことがあります。

ぶっちゃけ、あなたがやりたいSNSは、どれですか?

どのSNSなら、一番楽しくできそうですか?

理想のお客様が使っているかどうかは一旦なしにした上で、「Instagramで画像を載せてみたいな」「ブログで文章を書いてみたいな」と沸き上がってくるワクワクする気持ちはとても大切です。

なぜなら、SNS発信は、継続することがとても大切。

継続は、信頼にもつながります。

継続するためには、「仕事だから」と発信するのではなく「やりたい!」「楽しい!」という気持ちは欠かせないのです。

理想のお客様が使っていることは大切ですが、あまりに合わないSNSで無理に発信すると継続することができなくなります。

自分の気持ちも大事にしながら、バランスを意識して検討してみてください。

どうしても動画で話すことに抵抗があります。私の場合は、Youtubeをやると苦しくなる気がするので、自分の「やりたい」って大事ですね。

かおり

まずは、1ヶ月続けてみる。合わなかったら、潔く変えてみる。「これで頑張りたい!」が見えたら、半年間は続けてみる。この判断力も大事です♩

選び方のポイント

SNS発信をするときに、よくある失敗例もお話しておきます。

手を出しすぎない

「どのSNSが合っているのか、試してみないと!」

Twitter、facebook、ブログ、Instagram、音声配信、、、たくさんのSNSで頻繁に発信しようとすると、疲れてしまいがちです。

限られた時間の中で、キャパを超えてしまうと、継続もできないですよね。

発信の目的は、「コーチングセッションを理想のお客様に届けること」。

「あなただから」で選んでもらうこと、ここを目指したいですよね。

むやみに手を出して、発信すること自体を目的にしないようにしましょう。

まずは、決めたSNSで発信してみる。同時に、「他のSNSはやらない」と決める。

コミットメントを高めることが大切です。

最初から正解を求めない

「読みやすいブログを書かないと!」「この投稿だと、分かりにくいかな…」

発信する前に、あれこれ考えすぎてしまうと、投稿すらできなくなってしまいます。

大前提として、最初は特に、ほとんど見られません。(笑)

悲しいかもしれませんが、事実です。

数記事しかないブログが読まれたとしても、読むのは知り合いくらいです。

投稿せずに、パソコンの前で悩んでいる状態は、バッターボックスにすら立っていない状態。

最初からヒットを打とうとせずに、良い意味で練習だと思って、60~70点程度で始めてみましょう。

つい、良い記事を!って思ってしまいがちですが、、、まずは書くことに慣れることが最初の一歩ですね。

やりながら考える

投稿を始めてみると、やってみて初めて気付くことが山ほど出てきます。

投稿すると、”いいね”やフォロー、コメントなど色んな反応が見えてくるからです。

「ここに画像を入れる方が読みやすいな」「この悩みの記事は、よく見られているから、ニーズがあるんだな」

投稿内容についてはもちろん、投稿の時間帯、頻度についても、試行錯誤が始まります。

繰り返しますが、最初から多くの人に発信が見られることはありません。(笑)

むしろ、最初からたくさんの人に読まれてしまう方が、恥ずかしいさすら感じると思います。

たくさんの人に見られていないうちに、どれだけ投稿して改善できるか。

市場に出すと、色んなことが学べるからこそ、やりながら考えて行動していきましょう。

かおり

発信は信頼につながるからこそ、反応を見ながら進めることが大切です。市場に出すと、自分の想像を超える改善点も見えてくるもの♩

SNS発信の大前提

共感ツール

SNSは、元々ビジネス目的ではなく、共感ツールです。

当たり前ですが、プライベートでうれしかったこと、誕生日やお祝いなどを発信することを楽しんでいる人が多いのです。

自分から楽しむ気持ちも大切にしましょう。

”いいね”をたくさんもらうことは目的ではない

発信していると気になってくるのが、いいねやコメントの数。でも、いいねやコメントの数が、お申込み数に直結する訳ではありません。

とは言え、最初は特に”いいね”が集まるとうれしくなりますよね。

だからこそ、自分がしてほしいことは、積極的に自分からアクションを起こしましょう。

いいねやコメントをしていくことも、SNSアカウントを育てていく上で大切な認知活動の一つです。

うらやましい気持ちから、”いいね”を押さないことも人の心理ですよね。でも、そこを乗り越えて、せっかくのSNSを楽しみたいです!

認知を集める場所

SNSは、売る場所ではなく、認知を集める場所です。

SNSで興味を持っていただいた方が次のアクションを起こすための導線は、用意していますか?

多くの場合は、メルマガやLINEのご案内です。

「もっと知りたいな」と思った方のみが登録できるものを用意しておくことは、等身大のままでビジネスをしていく上で欠かせません。

ぜひ、ユーザー目線で考えてみてくださいね。

おわりに

コーチにとって、SNSは欠かせないツールの一つですよね。

過去の私は、SNSに手を出しすぎて疲れてしまったり、毎日更新すること自体を目的にしてしまったり、数えきれない失敗をしてきました。

だからこそお伝えしたいのは、自己流で頑張らないこと。

かおり

自己流でうまくいっている人を知らないくらい、プロから学ぶことは何事も大切。

SNSは、数時間のセミナーを受けただけで結果が出るものではありません。

「誰に向けて、何を発信していくのか」このようなコンセプトを考えることが一番重要だからです。

コンセプトを決めるためには、ただSNS発信を学ぶだけでは、ツールの使い方を理解したところで継続できませんよね。

多くの時間を費やすからこそ、正しい方法でコツコツ頑張っていくことが一番の近道です。

本気で頑張りたい!と思うのであれば、理想の方から教えてもらいながら、進めていってくださいね。

プロフィール