がんばり屋なあなたへ。セッション力を気にしすぎないで!

セッション力が低いから、自信を持って集客できなくて。

がんばり屋なコーチほど、もっと効果的な質問やフィードバックができるようにならないと稼げない…と悩んでいませんか?

実は、セッション力が低いことを気にしているうちは、稼ぐことが難しいです。

なぜなら、ビジネスをする上でのベクトルが、クライアントではなく、コーチである自分のセッション力に向いているからです。

この記事では、セッション力が低いと感じるあなたが変えるべきマインドについてお話します。

かおり

「もっとセッション力を上げたら、集客できる!」と思い込んでいると、いつまでたっても前に進めなくなってしまう。過去の私も、同じ経験をしました…。

コーチングにお金を払う理由

最初にお伝えしますが、クライアントはあなたの「コーチング」にお金を払っている訳ではありません。

コーチングを受けることによって「得られる未来」にお金を払っているのです。

クライアント自身が、「得られる未来」を言語化できていないことはよくあります。

でも、言語化できていなかったとしても、そこには必ず「お金を払ってでも手に入れたい未来」があるのです。

例えば、

・食事や睡眠などの生活習慣を変えたい

・パートナーへの気持ちを整理して、関わり方を改善したい

・起業に向けて、今するべきことを整理したい

これらを一人で解決できないからこそ、わざわざ「お金を払って」でも実現したいと思っているのです。

話を戻しますが、多くのコーチは自分のセッション力が低いことを気にしています。

セッション力を上げないと、効果的な質問ができないと、良いコーチングセッションができない…。

でも、よく考えてみてください。

あえてはっきりお伝えしますが、クライアントにとって、あなたのセッション力は、ぶっちゃけどうでもいい、とまでは言いませんが、それよりも重要なことがあります。

それは、「得たい未来」が実現できるかどうか。

あなたにお金を払うことによって、一人では叶えることのできない未来を実現したい、それが実現できるかどうか。

セッション力がどれくらいあるのか、どんな心理学を使っているのか、よりも、「得たい未来」を手に入れられるかどうか。

そこにお金を払っているのです。

クライアントさんが「お金を出してでも手に入れたい未来」!そこに目を向けるより、セッション力を気にしすぎていたのかも…!

セッション力が気になるときに必要なこと

セッション力は、「身につけよう!」と決意したところで、ある日突然、激変するものではありません。

大切なことは、目の前のクライアントにベクトルを向けることです。

・現在の状態は、どんなことがうまくいっているのか?困っているのか?

・手に入れたい未来は、どんな未来なのか?

・現状から、未来に向かって、どんな行動をしたらいいのか?

今、クライアントがいる方は、全身全霊でセッションをしてください。

クライアントがいない方は、有料で提供できるように行動してください。

今はまだできない…とコーチング関連の本を読んだり、動画を見ているだけでは、セッション力は向上しません。

自転車の乗り方をどれだけ調べても、どれだけ動画を見ても、実際に乗ってみないと乗れるようにはならないのと同じです。

かおり

あえて、はっきりした言葉でお伝えしているのは、過去の私が悩んだときって、たいてい自分にベクトルを向けていたからなんです。

セッション力が高まる理由

誤解のないようにお伝えしますが、「セッション力」自体がどうでもいい訳ではありません。

セッション力は、真摯にクライアントに向き合い、クライアントにベクトルを向けてセッションを提供することで、必ず身についていきます。

クライアントが叶えたい未来を実現するためには、どうしたらいいんだろう?

実際に、クライアントに心を向けてセッションを提供していくと、肌で感じたことに自己投資してスキルアップしたり、知識を身につけたりしていくもの。

クライアントに真摯に向き合ってセッションを積み重ねていくことで、少しずつ芽が出て、実となるように、セッション力は育っていくのです。

セッション力は、現場ありきで身につく…確かにその通りですよね。クライアントさんとのセッションをコツコツ積み重ねていきます!

セッション力を高めるために、2つ目のコーチングスクールに行こう!

過去の私は真剣に考えて検討したことがあります。知識やスキルの向上に、天井はありません。何を学んだとしても、セッション力が「ない」と思っている間は、ないと思い込んでいるマインドから離れられないのです。

ハッ!としたのは、クライアントさんが契約期間を終えても、継続を更新されることが続いてからです。

セッション力を気にするよりも、クライアントの未来の実現にもっと集中するべきだと気づいたのです。

ビジネスは、やり方よりも、マインドが8割だと私は思っています。

あなたが自分のことをどう思っているのか。セッション力を高めたいと思う向上心は、とてもすばらしいです。

だからこそ、もっと目の前のクライアントにもっと目を向けてみてください。

ビジネスをする上でのマインドについて、メール講座でも解説しているので読んでみてくださいね。

プロフィール