知ってる?無料セッションの練習は、〇〇しか得られない

コーチングセッションの練習として、何度も無料セッションをしているあなたへ。

無料セッションの練習がマンネリ化していませんか?

実は、無料セッションの練習では、「無料」としての価値しか受け取ることができません。

もちろん、1回もセッションをしたことがない場合は、資格取得に向けて練習を重ねたり、コーチ同士で相互セッションをしたらからこそ、得られることがあります。

とても大切な時間ですし、私もしっかりと積み重ねてきました。

問題なのは、有料で提供したい、コーチとして生計を立てたいと思っているにも関わらず、いつまでも「無料セッションの練習」を続けていることです。

コーチとして生計を立てたいのなら、無料セッションの練習をやめることが必要です。

この記事では、やめるべき理由と変えることをお話します。

目次

1|無料セッションの練習は「無料」の価値しかない

2| 価値のあるセッションとは

3|最初の一歩を踏み出すために

無料セッションの練習は「無料」の価値しかない

あなたは、どれくらい無料セッションを練習しましたか?

時間配分、始まり方、終わり方、色んなことにアンテナを貼りながら、学ぶことのできる練習の時間は大切ですよね。

でも、練習としてのセッションをある程度積み重ねていくと、マンネリ化していくもの。

・同じようなセッションばかりしている

・コーチ仲間とばかり練習しているので、セッションがやりやすい

・知り合いにセッションしたら、雑談になってしまった

うまくいかなかったと感じても、「無料だから、練習だから、仕方ないか」コーチとしてのコミットが低いのは、無料の練習だからです。

では、あなたの無料セッションの練習を受けているクライアントは、いかがでしょうか?

・時間に遅れてくる、忘れていることもある

・たいして悩んでいるテーマがない

・単発だから、セッションの後、行動したのか不明

誤解のないようにお伝えしていますが、クライアントの人柄や人格を否定している訳ではありません。

「無料セッションの練習」としてクライアントをする場合は、大きな気づきが得られなかったとしても「無料だから、練習だから、こんなものか…」

どうしても受け取る価値が「無料セッションの練習」止まりにしかならないのです。

価値のあるセッションとは

では、価値のあるセッションとは、どんなセッションだと思いますか?

一言で価値を表現するとしたら、人は「与えた分だけの価値を、価値として受け取る」ことができます。

例えば、誰しも1万円を払ったら、1万円の価値を受け取ろうとコミットします。

3万円なら、3万円分のコミット。5万円の豪華ディナーコースに行くことになったら、お腹を空かせて、食事を楽しもう!と思うのと一緒です。

お金を払ってセッションを受けることで、コーチとしても、クライアントとしてもコミットが高まるだけでなく、お互いに責任を持って、対価としての価値を受け取ることができます。

コーチングの価値は、どんな質問をしたか、どれだけの気づきがあったか、ではありません。

コーチングを通して、クライアントを理想の未来に連れていくことに価値があるのです。

そのためには、クライアントが、自分の理想の未来を実現する覚悟を持ってコミットしていること。

クライアントのコミットを高めるためにも、コーチとして役割を果たすためにも、有料で提供することが、お互いにとってとても大切なことなのです。

最初の一歩を踏み出すために

ここまで読んで、無料セッションの練習について、どう思っていますか?

もし、これからコーチとして生計を立てたいのであれば、無料セッションはやめて、少しずつでも有料で提供することから始めてみてください。

もし、有料で提供することに抵抗がある場合は、2つの原因が考えられます。

一つ目は、お金のブロック。お金に対する価値観やセルフイメージが低いことが考えられます。

二つ目は、有料で提供するには、コーチングのスキルや能力を上げないといけないという思い込みです。

もちろん、スキルや能力は大切ですが、自信のなさから無料セッションの練習を続けていても、磨かれることはありません。

コーチングセッションは、マインドや価値観、考え方、どんな人と一緒に過ごしているのか、どんな環境に身を置いているのかなどによっても、変化していきます。

まずは、セッションを有料にすることを考えてみてくださいね。

プロフィール